カードローン審査基準まとめ※通るために必読!

ここ最近テレビCMなどで、カードローンのCMを見ることが、多くなりました。以前と比べると消費者金融の台頭などをきっかけにカードローンに対する垣根が低くなりました。大手銀行を始め、この低金利時代に比較的高金利で収益が見込めるカードローンに力を入れている銀行が多いようです。一時期は総量規制などの法律改正の影響で、カードローン市場も冷え込みましたが、総量規制のかからない銀行系のカードローンが注目され始めています。色々な商品が出て来ていますが、今後更に消費者や利用者に対して利便性の高まる傾向にあるでしょう。今回は、そんなカードローンの審査について紹介します。
ローンの審査は、通常これまでのローン履歴や現在の収入が基準を満たしているかで、決まります。基本的に大量の申込みがある中で、審査は最初は機械的に行われます。ローン履歴で事故歴はないか?延滞中ではないか?現状の収入状況と照らし合わせて、無理な返済になっていないかなどが見られます。無理な返済になっていないかは、通常、既に借り入れしているローンと合わせて、年収から比率を求めるのが、一般的です。その比率が基準を満たしているかが重要になります。またその基準は、各金融機関によって、さまざまです。つまり、一つの銀行で審査に墜ちても他行なら通るということも有り得るのです。ただし、カードローンは金利の高い商品です。一度借りるとなかなか返済が進まなくなります。CMにもあるようにご利用は計画的に。