カードローン各項目を比較してみた※1番良いのはどこ?

カードローンは基本的に金利比較がとても重要な作業であり、これをやることによって安い利息からお金を借りることができます。このカードローンの金利比較をするときはついでに遅延損害金がいくらになっているのかも見ておきましょう。意外と一般的には自分が利用しているカードローンの遅延損害金の利率を把握していないということが多いです。簡単に遅延損害金を説明しておくと、これは返済が遅れた時の罰則であり、いつもの金利よりも高い金利から利息を支払う内容です。要はカードローンの返済が遅れなければ関係のない話なのですが、返済が遅れないと思っていても、急に職を失うなど、何かしらの理由から返済が遅れ始めることがありえます。そんなときのためにカードローン選びの際に一応遅延損害金の利率についても情報を比較しておくほうが良いです。カードローンの上限利率でも、高い金利となっている会社は18%が多くみられますが、遅延損害金はそれよりも高い20%が多いです。一部の金融会社は良心的であり、遅延損害金でも18%やそれ以下の利率になっていることがあります。返済が遅れるかどうかというよりも、この遅延損害金や利率を比較するというのは一つの知識として、しっかりとみておき覚えておきたいものです。また、時間があるなら仮に遅延損害金が発生した場合はどのくらいの利息になるのかを計算しておくとよいです。そうすると、返済が遅れてはいけない理由がよくわかります。